カービューティープロ札幌ドーム前 店長日記

こちらではカービューティープロ 札幌ドーム前 店長の出来事、考え方を書いて行こうと思います。

2017年07月

北海道札幌市豊平区 カービューティープロ、セラミックプロジャパン認定 自動車のボディー磨き、カーコーティング、ガラスコーティング、ルームクリーニング等 専門店!「カービューティープロ 札幌ドーム前 」です 。 カービューティープロ 札幌ドーム前は大切なお車の塗装面の復活(研磨、ミガキ、コーティング)、クリーニング、シートクリーニング、ウィンドウ撥水コーティング、アルミホイールコーティング、ヘッドライトの白濁を取去るヘッドライト クリーニング、ミガキ&コーティング、欧州車に多い樹脂モールパーツの白濁を防ぐ樹脂モール コーティングを行うカーコーティング専門店です。

レヴォーグ 備忘録



 http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000608486/SortID=17971311/

セキュリティーについて

当店のポリシーでもあるセキュリティー


ホームページでも重要として掲げておりますが
ななめ読みで結構です。
こんな感じ


---
お客様の大事なお車を預かるためセキュリティー会社「セコム」と契約しております。
万が一不審者が侵入した場合、大音量の警告音が鳴り、すぐに警備の人間が掛けつけます。

また複数のセンサーで侵入を感知した場合「警備会社から直接警察へ緊急通報をします」のでご安心下さい。
security01

センサーの感度は最大にしておりますので、夏は蛾の侵入で警報が発令する事も度々あります。
店舗裏には大家さん、周りには児童施設があり職員の方や利用者が常駐している事、イベント時には駐車場の管理人も厳しく入出庫状態をチェックしていますので間接的ですが安心できると思います。

しかし本当のセキュリティーは何か?

私は平成11年式スカイラインGT-R(R34)を所持しておりますが、購入当時は盗難車両が続出しておりました。手口は堂々とガレージから搬送車で持ち出してしまうようで当時はココセコムと契約し夜も寝れない経験を数年いたものです。

しかし、15年も経過した今でも盗難情報はよく耳にします。

先日、ニュースで整備工場から古いフェラーリが盗難に遭ったと拝見しました。
手口はグーグルマップで入庫車両が特定されたからとの事。

別にも書きましたが私もカービューティープロを営む前はお客様として
各コーティング店を利用した経緯があります。

その際に
「34GTーR入庫しました!」
「入庫状況をブログで公開され」
「この人は盗難に対して経験、考え方ががあるのか?」と思ったものです。

今でも稀少車のオーナー様たちとお話しすると、これを重要視している方も少なくありません。


また、当時よく耳にしたのはバイク「CBX400」をお店に預け、
ブログで「入庫しました~」と書かれたために特定され、
その夜のうち警備会社のセキュリティーが有ったにも関わらずに
シャッターを破って盗難にあった。という事です。


以上の事から
○入庫車両を特定させない。

○道路から入庫車両を見せない。
※見えない工夫(外光を入れないことで塗装面が見えるメリットもあります)

○入庫中のお車はセキュリティーの観点から公開しない。

※仕上がり具合やコーティング剤の施工実例をブログで公開しますが、
お客様が望まれない場合はアップいたしません。
御入庫の際に申し出て下さるようお願いします。


※アップロードの際には事前にナンバープレートをモザイク、
又は塗りつぶし処理をし、匿名で公開いたします。

また、ブログは日々の日記として使用せず、
出庫したあと施工事例とアドバイスを兼ねて公開しております。


以上、こちらの掲げたことはセキュリティーの観点から非常に大切な事と意識して考えております。
----ここまで----


車やバイクの盗難て経験した事ありますか?
私は幸いにもありませんが、若い時の寮暮らしの時に同僚のCBXが盗まれたり、
GT-Rオーナーズクラブの友人が33GT-Rを自宅から盗まれたり‥

盗難にはなかなか理解して頂けないのですが
興味深いサイトがありましたので、参考の為UP致します。

あなたの車は何位?盗まれやすい車ランキング | 盗難防止策&装置も紹介




自動車盗難情報局

車両盗難を全国で見張る会 in Facebook




これらを見る限り、2017年では

プリウス
ハイエース
ランドクルーザー
アクア
クラウン
レクサス
キャンター
ハリアー
アルファード
セルシオ


と言った順位になっております。


これらのサイトを見るとイモビライザーだから安心?

ではなく、
若干手間が掛かる程度ではないでしょうか?





なので当店のポリシー


以上の事から
○入庫車両を特定させない。

○道路から入庫車両を見せない。
※見えない工夫(外光を入れないことで塗装面が見えるメリットもあります)

○入庫中のお車はセキュリティーの観点から公開しない。

※仕上がり具合やコーティング剤の施工実例をブログで公開しますが、
お客様が望まれない場合はアップいたしません。
御入庫の際に申し出て下さるようお願いします。


※アップロードの際には事前にナンバープレートをモザイク、
又は塗りつぶし処理をし、匿名で公開いたします。

また、ブログは日々の日記として使用せず、
出庫したあと施工事例とアドバイスを兼ねて公開しております。


以上、こちらの掲げたことはセキュリティーの観点から非常に大切な事と意識して考えております。

となるのですよ。


相当数の公開はしてますが、全てポリシーを元に行ってます。





希少車のオーナーだからこそ神経質になるのですが
お店としては当然の義務と思います。









続きを読む
ギャラリー
  • 近年傷を埋める、または目立たなくするガラスコーティング?
  • 2018年の求人で感じた事
  • 2018年の求人で感じた事
  • 2018年の求人で感じた事
  • 2018年の求人で感じた事
  • 2018年の求人で感じた事
  • 新メンバーの加入
  • 新メンバーの加入
  • 新メンバーの加入