カービューティープロ札幌ドーム前 店長日記

こちらではカービューティープロ 札幌ドーム前 店長の出来事、考え方を書いて行こうと思います。

コーティング

北海道札幌市豊平区 カービューティープロ、セラミックプロジャパン認定 自動車のボディー磨き、カーコーティング、ガラスコーティング、ルームクリーニング等 専門店!「カービューティープロ 札幌ドーム前 」です 。 カービューティープロ 札幌ドーム前は大切なお車の塗装面の復活(研磨、ミガキ、コーティング)、クリーニング、シートクリーニング、ウィンドウ撥水コーティング、アルミホイールコーティング、ヘッドライトの白濁を取去るヘッドライト クリーニング、ミガキ&コーティング、欧州車に多い樹脂モールパーツの白濁を防ぐ樹脂モール コーティングを行うカーコーティング専門店です。

コーティングのTOPコートについて

DSCN7828

世間一般的な多層コートはベースコートにガラスコーティング、

トップコートにシリコン系やポリマー系
(中にはWAXと信じられない施工法)を
使用されているものがほとんどです。


これはガラスコーティングの弱い部分を補うためとしての様々な工夫ですが、
単純に2層と言っても何を使われているかで判断された方が良いと思います。


2013/5 


続きを読む

仕上がり重視とは

新車、経年車、さまざまなコンディションのお車を仕上げる。
単純なことで無く、お客様の期待度から、
それ以上の仕事をしなければ満足度は上がりません。

表題の「仕上がり重視」


お客様目線であれば当然の事です。


では、下記画像はどうでしょう?

施工時はピカピカだったのに、数年でこの様になってきた。
洗車の仕方が悪いのだろうか?

と、お悩みでした。



f19f3e431a29cedd227fd43ea9994adf


ded298d6d37951f27078921403b9c186



これ、洗車の傷に見えますか?
続きを読む

研磨の技術力について

DSCN9618

ヘッドライトは10年くらい経過しますと黄ばみや白濁が目立ちます。
原因としては
コーティング施工時にマスキングを行っていない為研磨され痛みが加速
紫外線やWAX成分付着が原因と思われる経年劣化により黄色く変色したり白濁します。



今回の525もそんな1台でした.

クリーニングを行ってもまた再発してしまうのは表面にあるハードコート層が痛んでいるからです。

量販店等でクリーニングされたお車は再発が早くなる傾向があります。



お悩みの場合

ハードコート除去、プロテクションフィルムで5年耐久となります。
DSCN9685

 

ちなみにこのハードコート除去は、近年器材の進歩により磨けない職人さんが増えておりますが

磨ける職人さんでないと作業が出来ません。


単純にコンパウンドと機械を使って磨くだけのレベルではありません。 


経年車のコーティングを施工される場合はヘッドライトのハードコート除去作業がキッチリ出来るか否かで研磨技術レベルが判ると思いますので目安にしてください。










 
続きを読む

新車の傷やスケールについての考え方

当店は研磨、コーティング専門店であり、コーティングするために良い状況にしていく事を専業としております。


新車でも、微細な傷や雨染み等のスケールもよく目にします。
DSCN9470

DSCN9457


異論はあると思いますが、この状況は納車レベルとしては普通と思います。




続きを読む

作業時間の適正化 1

今回はコーティングの考え方をちょっと書いてみます。

当店は札幌ドームのそばで営業させて頂いているので
ドームイベント、野球、サッカー、コンサートで左右されます。

お客様に迷惑を掛けない様時間の調整
等々を行っておりますが、それは2次的な事


大事なのは高額なコーティング料金で適正な時間を使っているかです。


続きを読む
ギャラリー
  • 新メンバーの加入
  • 新メンバーの加入
  • 新メンバーの加入
  • 商標・著作権表示について
  • マスキングについて
  • マスキングについて
  • マスキングについて
  • マスキングについて
  • マスキングについて